過去の大会記録

2018年度春季大会(2018年3月24日/明治大学駿河台キャンパス)

大会内容  シンポジウム

シンポジウム

テーマ 「欧米情勢の激動と農業」

座長 磯田 宏(九州大学)、安藤 光義(東京大学)

報告

石井 圭一(東北大学)

「酪農自由化とフランスにおける政策対応」

和泉 真理(JC総研)

「Green BREXIT―イングランドの農業環境政策の先にあるもの―」

西川 邦夫(茨城大学)

「民主党州政下のカリフォルニア稲作―農業者の憂鬱と共和党支持の基礎―」

コメンテーター:清水 卓(駒澤大学名誉教授)  平澤 明彦(農林中金総研)


2017年度秋季大会(2017年11月4日/東京農工大学)

大会内容  個別報告・60周年記念シンポジウム

 

個別報告

大澤 将弥(東京農業大学大学院)鈴村 源太郎(東京農業大学))

「援農ボランティア制度の持続的運営を規定する要因の解明
―神奈川県湘南・県央地区を対象として―」

座長 図司 直也(法政大学)

 

小野 智昭(農林水産政策研究所)

「東日本大震災津波被災集落における統計的分析
-農家・経営耕地激減の内容と組織経営体の農地集積の展望-」

座長 小松 知未(北海道大学)

 

澁谷 仁詩(東京農工大学大学院))

「茨城県稲敷市における大規模農家の展開過程―1988年~2016年について―」

座長 秋山 満(宇都宮大学)

 

60周年記念シンポジウム

テーマ 「戦後農業理論の再検討」

座長 津田渉(秋田県立大学)

報告

氷見 理(東京農工大学大学院)

「不安定就業の増大と農業構造変動-茨城県稲敷市の事例より-」

細山 隆夫(農業・食品産業技術総合研究機構)

「北海道水田地帯における農業構造の変動と特質-農業センサス分析を主とした接近-」

板橋 衛(愛媛大学)

「愛媛県における農業の担い手像と地域農業の再編主体としての農協機能」

 

コメンテーター 荒井 聡(福島大学)


2017年度春季大会(2017年3月27日/明治大学駿河台キャンパス)

大会内容  シンポジウム

シンポジウム

テーマ 「農業構造の現段階と展望‐2015年農業センサス分析‐」

座長 安藤 光義(東京大学)、橋詰 登(農林水産政策研究所)

報告

鈴村 源太郎(東京農業大学)

「組織経営体の展開方向の新局面」

曲木 若葉(農林水産政策研究所)

「農業構造変動と土地利用の変化」

澤田 守(農業・食品産業技術総合研究機構)

「農業労働力の変化と就業構造」

コメンテーター1:平林 光幸(農林水産政策研究所)「第1報告に対して」
コメンテーター2: 細山 隆夫(農業・食品産業技術総合研究機構)  「第2報告に対して 」
コメンテーター3: 友田 滋夫(日本大学)  「第3報告に対して 」

 


2016年度秋季大会(2016年11月3日/東京農業大学世田谷キャンパス)

大会内容  個別報告・分科会・60周年記念講演

個別報告

荒井 聡(岐阜大学)

「集落営農における地代と労賃の衝突と法人化-岐阜県平地農村地帯の事例分析-」

座長 曲木 若葉(農林水産政策研究所)

 

小野 智昭(農林水産政策研究所)

「東日本大震災津波被災地域における大規模経営体形成とその形態の規定要因-岩手、宮城、福島3県の事例を比較して-」

座長 石井 圭一(東北大学)

 

小川 真如(早稲田大学大学院)

「佐賀県平坦二毛作地帯における新規需要米生産の存立構造―飼料用水稲生産の展開状況に着目して―」

座長 品川 優(佐賀大学)

 

倪 鏡(JC総研)

「露地野菜部門における新規参入者の経営展開と農地利用―群馬県高崎市倉渕地域を事例に―」

座長 江川 章(中央大学)

 

西川 邦夫(茨城大学)大仲 克俊(岡山大学)

「2014年アメリカ農業法に対する農業利益団体の態度と背景―日本農業への影響を念頭に―」

座長 磯田 宏(九州大学)

 

60周年記念講演

「官邸農政は日本農業をどうするか」  梶井 功(東京農工大学名誉教授)

 

分科会

テーマ 「特殊農村的な日本的低賃金構造解消の諸結果」

代表者 新井 祥穂(東京農工大学)

座長 新井 祥穂・山崎 亮一(東京農工大学)

報告

氷見 理(東京農工大学大学院)

「滋賀県東近江市における農業法人の展開過程-近畿型地域労働市場における法人の分化-」

中崎 和馬(東京農工大学大学院)

「長野県飯島町における農業法人の展開過程-「衛星的な法人」に着目して-」

謝 驕南(東京農工大学大学院)

「中国珠江デルタにおける農民工の調査研究—日台系外資企業と地元私企業との賃金構造比較—」

 

コメンテーター 山本 昌弘(広島国際学院大学)


2016年度春季大会(2016年3月28日/秋田県立大学秋田キャンパス)

大会内容  シンポジウム

シンポジウム

テーマ 「主要水田地帯における農業構造の変動とその行方-農政転換,低米価下における担い手形成と農地利用の動き-」

座長 荒井 聡(岐阜大学)

報告

菅原 優(東京農業大学)

「北海道の水田中核地帯における地域農業構造変動と大規模経営の諸相」

椿 真一(秋田県立大学)

「東北における水田農業の担い手形成と展開条件-秋田県の集落営農法人の事例分析を通じて-」

伊藤 亮司(新潟大学)

「新潟県内のいくつかの集落営農の展開から見る地域水田農業再編の方向」

品川 優(佐賀大学)

「九州水田地帯における農業構造の変動と集落営農」

 

コメンテーター1:西川 邦夫(茨城大学) 「第1・第2報告を中心に」
コメンテーター2:小林 元(広島大学)  「第3・第4報告を中心に」


2015年度秋季大会(2015年11月7日/東京大学農学部)

大会内容  個別報告・分科会

吉田 恒平(明治大学大学院)

「農地中間管理事業実施による農地利用変化についての考察-2014年度実績の分析から-」

細山 隆夫・杉戸克裕(農研機構 北海道農業研究センター)

「北海道水田地帯における農地賃貸借の性格と大規模水田作経営の存立条件-上川中央・当麻町を対象として-」

座長 秋山 満(宇都宮大学)

 

難波江 任(愛媛大学大学院)

「我が国のフードバンク活動の状況と課題」

座長 神代 英昭(宇都宮大学)

 

竹島 久美子(東京大学大学院)

「耕作放棄地解消による地域農業の再編に関する一考察-遊休桑園からブルーベリーへの転換を通じて-」

平林 光幸・小野智昭(農林水産政策研究所)

「山間農業地域における集落法人成立の「場」について-山口県長門市F地区における多集落型法人と1集落型法人を比較して-」

座長 山浦 陽一(大分大学)

 

三木 敦朗(信州大学学術研究員)

「低立木価格下での木材生産量の増加が農山村に与える影響」

座長 笠松 浩樹(愛媛大学)

 

山本 昌弘(広島国際学院大学)

「柑橘作集落にける農家構成-愛媛県宇和島市吉田町を事例として-」

渡辺 克司(鹿児島国際大学)

「混住化・少子高齢化および准組合員の利用規制問題が農業協同組合に与える影響について」

座長 香月 敏孝(愛媛大学)
堀部 篤(東京農業大学)

「農山村における集落活用事業の制度設計の特徴-ある集落における三事業の運営規定の比較から-」

座長 橋口 卓也(明治大学)

 

分科会1 「常雇依存傾向を強める大型農業経営-年間雇用契約下の外国人労働力(技能実習生)の大きさと役割-」

代表者 堀口 健治(日本農業経営大学校/早稲田大学名誉教授)

座長 香月 敏孝(愛媛大学)

報告

堀口 健治(日本農業経営大学校/早稲田大学名誉教授)

「構造変化を支える外国人労働力と雇用内容-野菜地帯での技能実習生の重みとその特徴・意義・限界を主に-」

長谷川 量平(鯉渕学園農業栄養専門学校)

「農業分野における技能実習制度の期待される効用と課題-茨城県でのタイ人技能実習生を事例として-」

軍司 聖詞(早稲田大学地域・地域間研究機構)

「農業分野における技能実習制度活用の特徴と課題-家族経営による外国人労働力受入れ-」
コメンテーター 秋山 満(宇都宮大学)

 

分科会2 「地域農業の展開論理-『伊那谷の地域農業システム』を素材として-」

代表者 山崎 亮一(東京農工大学)

座長 山崎 亮一(東京農工大学)

報告

星 勉(一般社団法人 JC総研)

「宮田方式から飯島方式への地域農業システムの展開」

新井 祥穂(東京農工大学)

「農業生産法人の動向-長野県飯島町の土地利用型法人と機能-」

曲木 若葉(東京農工大学大学院/日本学術振興会特別研究員)

「秋田雄物川と伊那谷との農業生産担い手像の相違」

 

コメンテーター 北原 克宣(立正大学)


2015年度春季大会(2015年3月27日/東京農工大学)

大会形式             シンポジウム
テーマ  「「地方消滅論」と農山村再生」

座長 小田切 徳美(明治大学)

報告

岡田 知弘(京都大学)

「地方消滅論批判-地域経済学の視点から-」

橋詰 登(農林水産政策研究所)

「農業集落の小規模化と脆弱化する集落機能-農業集落の動態統計分析と将来推計から-」

稲垣 文彦(中越防災安全推進機構)

「農山村再生の実践-新潟県中越地方の復興現場から-」

 

コメンテイター 東山 寛(北海道大学)・図司 直也(法政大学)


2014年度秋季大会(2014年11月16日/明治大学駿河台キャンパス)

大会形式             個別報告・分科会

個別報告

閔 ボラン(東京大学大学院)

「韓国における牛肉産業の制度改革―牛肉偽装問題に関する社会学的考察―」

座長 川手 督也(日本大学)

 

莫紅碧(広島国際学院大学大学院)山本 昌弘(広島国際学院大学)

「中国南部内陸部における農民層分解―重慶市の農村を事例として―」

座長 酒井 富夫(富山大学)

 

大仲 克俊((一社)JC総研)

「農業参入企業の農業経営の課題と対応―地元企業の連携・補完による経営課題の克服―」

座長 盛田 清秀(東北大学)

 

林 芙俊(秋田県立大学)

「水稲単作的地域における園芸作導入の現段階と展望―秋田県のセンサス分析をとおして―」

座長 香月 敏孝(愛媛大学)

 

新井 祥穂(東京農工大学)永田 淳嗣(東京大学)

「沖縄県宮古島の農家就業構造の動態―旧城辺町A集落を事例として―」

座長 田畑 保(明治大学)

 

平林 光幸・小野 智昭(農林水産政策研究所)

「山間農業地域における大規模水田作経営の存立構造―広島県庄原市E地区における個別経営と集落営農法人―」

座長 荒井 聡(岐阜大学)
杉戸 克裕(農研機構北海道農業研究センター)

「北海道における低コスト酪農経営の特徴と動向」

座長 吉野 宣彦(酪農学園大学)

 

泉谷 眞実・吉仲 怜(弘前大学)

「東北・不安定兼業稲作地帯における農民層の動向―青森県つがる市の農家アンケート結果の分析―」

座長 山崎 亮一(東京農工大学)

 

阿久津 巧・入澤 友望・山上 晴生(高崎経済大学)宮田 剛志(高崎経済大学)

「人・農地プランと農地中間管理機構の現状と課題―大分県豊後高田市の事例分析より―」

座長 平林 光幸(農林水産政策研究所)

 

分科会1 「地方大学と農業問題研究―「地域貢献に焦点を当てて―」

座長 香月 敏孝(愛媛大学)

報告者
香月 敏孝(愛媛大学)

渡部 岳陽(秋田県立大学)

コメンテーター  荒井 聡(岐阜大学)、吉田 俊幸((一財)農政調査委員会)

 

分科会2 「直接支払制度下の家族農業経営の展望―EUの実態から―」

座長 酒井 富夫(富山大学)

報告者

村田 武(愛媛大学)

松木 洋一(日本獣医生命科学大学)

石井 圭一(東北大学)


2014年度春季大会(2014年3月28日/神戸大学)

大会形式             シンポジウム

テーマ    「地域農業の発展と「環境保全型農業」」

座長      池上 甲一(近畿大学)

報告

桑原 考史(日本獣医生命科学大学)

「佐渡における環境保全型農業の到達点と課題」

中塚 華奈(特定非営利活動法人食と農の研究所/大阪商業大学)

「関西における環境保全型農業の取組と地域農業」

石井 圭一(東北大学)

「EUにおける直接支払制度と環境保全型農業」

飯國 芳明(高知大学)

「日本型直接支払いの系譜と今後の制度設計」

 

コメンテーター

第1コメンテーター:小田切 徳美(明治大学)

第2コメンテーター:西村 いつき(兵庫県農林水産局農業改良課)

第3コメンテーター:橋本 慎司(農業者)


2013年度秋季大会(2013年11月23日/法政大学市ヶ谷キャンパス)

大会形式             個別報告・ミニシンポジウム

個別報告

西川 邦夫(東京大学社会科学研究所/日本学術振興会特別研究員)

「集落営農組織の経営多角化と直接支払い―広島県世羅町(農)さわやか田打の事例より―」

平林 光幸・小野 智昭(農林水産政策研究所)

「直接所得補償が規模拡大に及ぼす効果の階層間格差―秋田県及び岩手県での事例調査より―」

座長 小林 元((一社)JC総研)

 

宮田 剛志(高崎経済大学)

「飼料価格の高騰と大規模養豚法人経営の収益性―群馬県下仁田ミート(株)の実態分析を中心にして―」

座長 森 久綱(三重大学)

 

後藤 由香・角間崎 修平・山崎 真也(高崎経済大学地域政策学部)・宮田 剛志(高崎経済大学)

「下仁田ねぎの担い手の現段階と農地利用の変化―群馬県下仁田ねぎ馬山地区の実態分析より―」

座長 後藤 幸一(群馬県中部農業事務所)

 

田口 善勝(九州沖縄農業センター)

「北九州水田地域における家族経営の動向―農業センサス個票を利用して―」

磯田 宏(九州大学)

「北九州平坦水田地域における大規模農家経営群の形成過程と到達点」

座長 品川 優(佐賀大学)

 

小柴 有理江・吉田 行郷(農林水産政策研究所)・香月 敏孝(愛媛大学)

「農業と福祉の連携の形成過程に関する研究―農業分野の障害者就労の事例から―」

座長 濱田 健司((一社)JA共済総合研究所)

 

常任企画特別報告

津田 渉(秋田県立大学)・安藤 光義(東京大学)

「農問研の成果と今後の課題―『ポリヴァレント化する農業・農村経済学とその総合化』を手がかりに―」

座長 後藤 光蔵(武蔵大学)

 

ミニシンポジウム

テーマ   「長期不況下における兼業地帯の営農システム」

座長 秋山 満(宇都宮大学)

報告

「戦後自作農と地域営農システムの展開―長野県宮田村を事例として―」

曲木 若葉(東京農工大学)

「東北における雇用創出を目指した集落営農組織の展開過程と地域農業再編の展望~秋田県平坦水田地帯の実態分析を通して~」

渡部 岳陽(秋田県立大学)

 

コメンテーター

第1コメンテーター:柳村 俊介(北海道大学)

第2コメンテーター:酒井 富夫(富山大学)


2013年度春季大会(2013年3月28日/東京農業大学世田谷キャンパス)

大会形式             シンポジウム

テーマ    「集落営農と地域農業」

座長      高橋 明広(中央農業総合研究センター)

報告

伊庭 治彦(神戸大学)

「中国中山間地域における集落営農の問題と展望―ネオリベラリズム政策かにおける生活本位の事業展開―」

島辺 清志(富山県農林水産部)

「北陸水田兼業地帯における集落営農の動向―富山県の事例分析を通じて―」

中村 勝則(秋田県立大学)

「東北における集落営農の現段階と地域農業―秋田県平坦水田地帯の動向から―」

 

コメンテーター

第1コメンテーター:小林 元(社団法人 JC総研)

第2コメンテーター:宮武 恭一(中央農業総合研究センター)

第3コメンテーター:角田 毅(山形大学)


2012年度秋季大会(2012年11月23日/東京大学農学部)

大会形式             個別報告・ミニシンポジウム

個別報告

平林 光幸(農林水産政策研究所)

「秋田県平地水田地帯における農業構造変動と担い手の存在形態」

座長 長濱 健一郎(秋田県立大学)

 

渡部 岳陽(秋田県立大学)

「東北農業水田地帯における集落営農組織の「共同化」の実態-秋田県内における「枝番管理組織」に焦点をあてて-」

座長 品川優(佐賀大学)

 

小野 智昭(農林水産政策研究所)

「集落営農進展地域における農地流動化の将来動向と組織経営体の課題-富山県と佐賀県の旧村を事例として-」

座長 酒井 富夫(富山大学)

 

大仲 克俊(社団法人 JC総研))

「中山間地域の地域資源管理における地域組織の役割と農業参入企業の農業経営展開-新潟県糸魚川市根知村の事例から-」

座長 桑原 孝史(新潟大学)

 

前川 麻菜(千葉大学)・吉田 義明(千葉大学)

「育種技術の発展と植物知的財産権の変容」

座長 久野 秀二(京都大学)

 

長谷川 啓哉(東北農業研究センター)

「リンゴ作における生産力構造と生産性及び収益性」

座長 徳田 博美(三重大学)

 

ミニシンポジウム

テーマ   「コミュニティビジネスと地域農業」

座長      竹本 田持(明治大学) 神代 英昭(宇都宮大学)

報告

小柴 有理江(農林水産政策研究所)

「農産物直売所と地域農業」

濱田 健司(農協共済総合研究所)

「高齢者・障害者福祉と地域農業」

 

コメンテーター

第1:香月 敏孝(農林水産政策研究所)

第2:山浦 陽一(大分大学)


2012年度春季大会(2012年3月28日/九州大学農学部)

大会形式             シンポジウム

テーマ   「近年の農業構造変化の特徴と展開方向 -2010年センサスの分析から-」

座長      橋詰 登(農林水産政策研究所)

報告

平林 光幸(農林水産政策研究所)

「家族経営の動向と特徴 -都府県における上層農家を中心に」

西川 邦夫(東京大学社会科学研究所/日本学術振興会特別研究員)

「『組織経営体』の展開と経営構造 -都府県水田農業を中心として-」

山口 和宏(福岡県立福岡農業高校)

「北九州地域の構造変化と集落営農組織の実態 -佐賀県を事例に-」

 

コメンテーター

安藤 光義(東京大学大学院)

鈴村 源太郎(東京農業大学)

小林 恒夫(佐賀大学)


2011年度秋季大会(2011年11月3日/明治大学駿河台キャンパス)

大会形式             個別報告・ミニシンポジウム

個別報告

西川 邦夫(東京大学社会科学研究所/日本学術振興会特別研究員)

「ある産直産地の40年を振り返る -事業・運動・地域との関係から-」

座長 大木 茂(麻布大学)

 

大仲 克俊(JC総研)

「地域農業資源管理における集落営農の役割と大規模経営の負担状況-石川県加賀平野のA・B集落の状況から-」

座長 橋口 卓也(明治大学)

 

ミニシンポジウム

テーマ  「 貿易自由化に対する東アジア農業諸国の農政対応-日本のTPP参加問題を考える一助に-」

座長      酒井 富夫(富山大学)

報告

李 哉泫(鹿児島大学)

「韓国におけるFTA締結への戦略的取組みと国内農業対策

池上 彰英(明治大学)

「中国農業の現状と農業政策の方向」

辻 一成(佐賀大学)

「ベトナム農業の動向と農業・農村政策」

 

コメンテーター   吉田 義明(千葉大学)


2011年度春季大会(2011年6月19日/東京大学農学部)

大会形式             シンポジウム

テーマ   「担い手確保と自給率向上の同時達成を求めて-戸別所得補償制度本格実施へ-」

座長      小野 智昭(農林水産政策研究所)  谷口 信和(東京大学大学院)

報告

若林 勝史(北海道農業研究センター)

「畑作経営における戸別所得補償制度の影響と課題」

板橋 衛(愛媛大学)

「愛媛県水田農業における担い手形成の現段階と土地利用の変化」

山浦 陽一(大分大学)

「中山間地域水田農業の実態と支援方策-直接所得補償で中山間地域は守れるか?」

 

コメンテーター   中村 勝則(秋田県立大学)  小池 恒男(農業開発研修センター)


2010年度秋季大会(2010年11月23日/東京大学)

大会形式             個別報告・ミニシンポジウム

個別報告

小池 拓司(県立広島大学総合学術研究科)

「農産物直売所の立地と販売戦略-島根県の農産物直売所における事例研究を基に-」

座長 香月 敏孝(農林水産政策研究所)

 

王 大超(東京農工大学大学院連合農学研究科)

「中国における薬用植物産業の展開に関する研究」

座長 石塚 哉史(弘前大学)

 

綱島不二雄(札幌大学附属総合研究所)

「戦後化学肥料産業展開過程の欧日比較と日本農業の前途」

座長 津田 渉(秋田県立大学)

 

ミニシンポジウム

テーマ「  「戸別所得補償モデル対策」実施の影響」

座長      小野 智昭(農林水産政策研究所)

報告

椿 真一(秋田県立大学)

「秋田県の動向-米単作地域における集落営農組織の展開方向と転作の対応-」

北川 太一(福井県立大学)

「福井県の動向-集落営農組織に与える影響を中心に-」

品川 優(佐賀大学)

「佐賀県の動向-県間調整の後退と米回帰-」

 

コメンテーター   西川 邦夫(日本学術振興会特別研究員/東京大学大学院)


2010年度春季大会(2010年3月26日/京都大学)

大会形式             シンポジウム

テーマ   「現代資本主義と家族農業経営-農業の資本主義化の「限界」と資本による農業・農村の「包摂」-」

座長      酒井 富夫(富山大学)

基調講演

梶井 功(東京農工大学名誉教授)

報告

後藤 光蔵(武蔵大学)

「80年代後半以降の農業構造、農業政策の変化と特徴」

槇平 龍宏(農政調査委員会)

「わが国農業・農村における資本の展開と「包摂」の現状」

 

コメンテーター   平野 信之(中央農業総合研究センター)


2009年度秋季大会(2009年11月3日/東京農工大学)

大会形式             個別報告・ミニシンポジウム

個別報告

平野 信之(中央農業総合研究センター)

「経営所得安定対策下の大規模水田作経営-収益構造の変化と経営対応-」

座長 鈴村 源太郎(農林水産政策研究所)

 

和泉 光一郎(東北大学大学院)

「都市計画法と農振法の成立過程にみる農地問題-農地の資産的保有の形成を中心に-」

座長 後藤 光蔵(武蔵大学)

 

董 彪(東京農業大学大学院)、菅沼 圭輔(東京農業大学)

「稲作借地経営における機械化と労働雇用の考察-黒竜江省の朝鮮族農村の調査を通して-」

座長 淵野 雄二郎(東京農工大学)

 

ミニシンポジウム

テーマ   「農地制度の国際比較」

座長      安藤 光義(東京大学大学院)

報告

柚木 茂夫(全国農業会議所)

「日本の農地制度改正 -意義と課題-」

石井 圭一(東北大学大学院)

「フランス農地制度の新たな方向-農外需要の増大と優良農地の保全を中心に-」

張 安明(農山漁村文化協会)

「60年にわたる中国の農地所有と利用の変遷に対する考察-農業構造調整とのかかわりを中心に-」

 

コメンテーター   大仲 克俊(JA総合研究所)


2009年度春季大会(2009年3月27日/筑波大学)

大会形式             シンポジウム

テーマ   「米の流通環境の変化と水田農業構造の展望」

座長      青柳 斉(新潟大学)  小池 恒男(農業開発研修センター)

報告

中村 勝則(秋田県立大学)

「米流通の変化と水田作経営」

冬木 勝仁(東北大学大学院)

「農協の地域性と経営戦略」

角田 毅(山形大学)

「東北地域における水田経営の構造変化」

池田 太(富山県農林水産部)、中沖 昌伸(富山県農業協同組合中央会)、

佐々木 毅(富山県農林水産部)、石黒 宏治(富山県農業会議)

「水田経営所得安定対策下での集落営農組織の収益性と展開のあり方-富山県での事例分析を通じて-」

 

コメンテーター   仁平 恒夫(北海道農業研究センター)  吉田 俊幸(高崎経済大学)


2008年度秋季大会(2008年11月3日/明治大学)

大会形式             個別報告・ミニシンポジウム

個別報告

今野 聖士(北海道大学大学院)

「農協による農業労働力補完システムに関する一考察-青森県太平洋側の野菜産地を事例として-」

田口 善勝(九州沖縄農業研究センター)

「南九州における大規模畑作経営の展開と市場対応-鹿児島県大隅半島地域を対象として-」

座長 岩元 泉(鹿児島大学)

 

加藤 基樹(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター)

「低米価期におけるほ場整備事業実施とその論理-A県B土地改良区の事例より-」

座長 橋口 卓也(明治大学)

 

鈴村 源太郎(農林水産政策研究所)

「統計にみる集落営農の実態-集落営農実態調査の3カ年組み替え集計より-」

小野 智昭(農林水産政策研究所)

「水田・畑作経営所得安定対策下における集落営農組織の現状と展望に関する概括的分析 -全国69組織の実態調査をもとに-」

座長 中村 勝則(秋田県立大学)

 

ミニシンポジウム

テーマ   「先進国農業における外国人労働者問題」

座長      泉谷 眞美(弘前大学)

報告

松久 勉(農林水産政策研究所)

「農業分野の外国人研修生・技能実習生の実態と問題点」

内山 智裕(三重大学大学院)

「イギリスにおける農業雇用と外国人研修制度」

 

コメンテーター   友田 滋夫(農村開発企画委員会)  山崎 亮一(酪農学園大学)


2008年度春季大会(2008年3月29日/宇都宮大学)

大会形式             シンポジウム

テーマ   「現代の上層農の多様な展開形態と存立条件」

座長      平野 信之(中央農業総合研究センター)

報告

平林 光幸(農政調査委員会)

「統計分析にみる『上層農』の現段階とその特徴」

梅本 雅(中央農業総合研究センター)

「現代の水田作上層農の存立条件」

後藤 幸一(群馬県農業技術センター)

「畑作上層農の土地利用と存立条件 -関東畑作地帯を対象として-」

 

コメンテーター   安藤 光義(東京大学大学院)  津田 渉(秋田県立大学)


2007年度秋季大会(2007年11月3日/東京大学)

大会形式             個別報告・ミニシンポジウム

個別報告

飯塚 里恵子(東京農工大学大学院)

「農業技術論確立のための予備的考察-『技術論論争』から有機農業を軸とした農法論への現代的再構築へ-」

座長 保志 洵(元東京農業大学)

 

山浦 陽一(日本農業研究所)

「中山間地域での入作者との連携による農地管理-新潟県豪雪急傾斜地域を対象に-」

座長 仁平 恒夫(北海道農業研究センター)

 

邱 振勉(鹿児島大学大学院)・仲地 宗俊(琉球大学農学部)

「A Study on Cash Crop Production and Land Rental under the Agricultural

Structure Adjustment in China -A Case study in Fujian Province-」

林 学貴(東京農工大学大学院)

「中国における有機認証制度の展開と課題」

座長 池上 彰英(明治大学)

 

綱島 不二雄(札幌大学経済学部)

「今日の化学肥料産業の展開と農業 -EU、日本の比較検討から-」

座長 飯澤理一郎(北海道大学)

 

ミニシンポジウム

テーマ   「農業構造問題の現段階と展望-2005年センサス分析-」

座長      小田切 徳美(明治大学)

報告

澤田 守(農業・食品産業技術総合研究機構)

「労働力の変化と農業就業構造」

細山 隆夫(北海道農業研究センター)

「農地利用の変化と担い手の実態」

 

コメンテーター   橋口 卓也(明治大学)  吉村 秀清(中央畜産会)


2007年度春季大会(2007年3月28日/沖縄国際大学)

大会形式             シンポジウム

テーマ   「市場対応型農政下の中国農業構造問題-誰が中国農業を担うのか-」

座長      酒井 富夫(富山大学)

報告

横田 高明(大阪産業大学)

「改革開放政策下中国の経済発展と農業の課題」

菅沼 圭輔(福島大学)

「中国農政の転換と兼業農家支援体制の再構築」

山本 昌弘(鯉淵学園農業栄養専門学校)

「高度経済成長下の中国農民階層構造-山西省と浙江省を事例として-」

 

コメンテーター   張 安明(農山漁文化協会)  小田切徳美(明治大学)


2006年度秋季大会(2006年11月23日/東京農工大学)

大会形式             個別報告・特別シンポジウム・学会創立50周年記念講演

個別報告

小林 元(広島大学大学院)

「集落型農業生産法人の展開と組織的性格 -広島県を事例として-」

荒井 聡(岐阜大学)

「品目横断的経営安定政策と集落型農業生産法人」

座長 高橋 明広(中央農業総合研究センター)

 

長谷川啓哉(東北農業研究センター)

「リンゴ産地における剪定技術の普及構造と再編課題」

座長 徳田 博美(三重大学)

 

桑原 考史(東京農工大学大学院)

「農村資源のレジャー的利用の現段階-群馬県片品村におけるグリーン・ツーリズムの実態と課題-」

渡部 岳陽(秋田県立大学)

「農村型ワーキングホリデーの現状と普及拡大へ向けた課題」

座長 池本 良教(広島国際大学)

 

小野 史(東京大学大学院)

「日本における食料消費の「飽和」局面への到達-日本及び欧米先進国の食料消費統計から-」

座長 横山 英信(岩手大学)

 

特別シンポジウム

テーマ   「「グローバル資本主義」下の農業問題(再論)-現地実態を踏まえて-」

座長      加瀬 良明(明治大学)

報告

野中 章久(東北農業研究センター)

「東北の在宅兼業の動向と恒常的勤務の農村的性格」

北川 太一(福井県立大学)

「『集落型農業法人』の展開と存立条件-京都府の事例を中心にして-」

秋山 満(宇都宮大学)

「経営所得安定対策と農業構造問題」

 

記念講演             谷口 信和 (東京大学大学院)

「農業問題研究の今日的課題と理論の歴史的位相-構造・政策・歴史・理論-」


2006年度春季大会(2006年3月29日/明治大学リバティータワー)

大会形式             シンポジウム

テーマ   「「グローバル資本主義」下の農業問題-農業問題研究の新たな地平を求めて-」

座長      加瀬 良明(明治大学)

報告

山崎 亮一 (酪農学園大学)

「地域労働市場論と戦後日本経済の転換点」

津田 渉 (秋田県立大学)

「転換期における農業生産力(構造論)の構成と課題」

酒井 富夫 (富山大学)

「農業構造問題と政府の役割」

 

コメンテーター   田畑  保(明治大学)  谷口 信和(東京大学)


2005年度秋季大会(2005年11月26日/農林水産政策研究所)

大会形式             テーマを設定した個別報告

テーマ   「新「基本計画」実現可能性とわが国農業の展開方向」

座長

セッション1:長濱 健一郎(農政調査委員会)

セッション2:野見山敏雄(東京農工大学)

 

報告

セッション1:「地域農業・資源管理の担い手問題」

平野 信之(中央農業総合研究センター)

「借り手市場下における農地管理と担い手育成-地域の農地管理の態様が土地利用型経営の形成に与える影響

についての一考察-」

吉岡 徹(酪農学園大学)

「地域資源管理からみた集落営農組織の地域性に関する一考察」

江川 章(農林水産政策研究所)

「資源管理における援農活動の位置づけと展開可能性」

 

セッション2:「地産地消と食品産業連携」

小林 茂典 (農林水産政策研究所)

「『地産地消』の展開条件と課題に関する一考察-神奈川農畜産物供給センターにおける取り組みを中心に-」

加藤 美紀(地域社会計画センター)

「地産地消の拠点施設としてのファーマーズマーケットと今後の展開」

高橋 テツ(JAいわて花巻)

「水田単作地帯で女性達が立ち上げたファーマーズマーケット」


2005年度春季大会(2005年7月16日/北海道大学農学部)

大会形式             シンポジウム

テーマ   「アジア農業の基礎構造とわが国との関係」

座長      竹谷 裕之(名古屋大学) 横山 繁樹(農業・生物系特定産業技術研究機構)

報告

村田 武 (愛媛大学)

「グローバリゼーション下のアジア農業をめぐって」

李 哉泫 (鹿児島大学)

「韓国における農業経営を取り巻く環境の変化と今後の課題-稲作経営及び米市場の実態と問題を中心に-」

辻 一成 (佐賀大学)

「北部中山間地ベトナムにおける農業経営の現状と課題-主としてThai Nguyen省の事例を中心に-」

安藤益夫 (中央農業総合研究センター)

「タイにおける農業経営の展開と課題-東北タイを事例として-」

 

コメンテーター   石井 雄二(阪南大学) 玉 真之介(岩手大学) 水野 正巳(日本大学)


2004年度秋季大会(2004年11月20日/東京大学農学部)

大会形式             個別報告・ミニシンポジウム

個別報告

槙平龍宏(農政調査委員会)

「『周辺地域』における地場農林産加工・販売事業の展開に関する考察」

座長 守友裕一(宇都宮大学)

 

中村勝則(秋田県立大学)

「地域組織の今日的意義-山形県酒田市における『農村振興協議会』を中心に-」

座長 矢口芳生(東京農工大学)

 

鈴村源太郎(農林水産政策研究所)

「認定農業者の経営管理能力の実態と支援施策のあり方-認定農業者を対象としたアンケート結果から-」

座長 酒井富夫(富山大学)

 

ミニシンポジウム

テーマ   「農政改革下の地域農業・農村の行方」

座長      吉田 俊幸(高崎経済大学)

報告

仁平恒夫(北海道農業研究センター)

「北海道水田農業の現状と課題」

角田 毅(東北農業研究センター)

「東北における地域農業の展開方向と課題」

橋口卓也(農政調査委員会)

「近年の条件不利地域集落の動向と課題」

 

コメンテーター   佐藤加寿子(九州大学) 小林 一 (鳥取大学) 竹本 田持 (明治大学)


2004年度春季大会(2004年3月29日/日本大学生物資源科学部)

大会形式             シンポジウム

テーマ 「米政策改革の実効条件を問う」

座長 小池恒男(滋賀県立大学)

報告

磯田 宏(九州大学大学院農学研究院)

「価格・所得政策からみた米政策改革」

冬木勝仁(東北大学大学院農学研究科)

「米流通再編と需給調整」

安藤光義(茨城大学農学部)

「米政策改革による水田農業構造再編の可能性と限界」


2003年度秋季大会(2003年11月22日/明治大学リバティタワー)

大会

テーマ 「農業地域社会づくりへの挑戦-農民と市民の参加型社会へ向けて-」

座長 中島紀一(茨城大学農学部) 津田 渉(財団法人農村開発企画委員会)

報告

竹本田持(明治大学農学部)

「『地域づくり』論の展開と今後の方向性」

長濱健一郎(財団法人農政調査委員会)

「都市的地域における市民参加型農業の展開」

谷口吉光(秋田県立大学生物資源科学部)

「大規模稲作地域における経営確立と地域づくりの葛藤-秋田県大潟村を事例として-」


2003年度春季大会(2003年4月1日/鹿児島大学)

大会

テーマ 「ヨーロッパにおける農業環境・農村開発政策」

座長 村田 武(九州大学大学院農学研究院)

報告

市田知子(農林水産省農林水産政策研究所)

「農業環境政策と地域性-ドイツを事例に-」

石井圭一(農林水産省農林水産政策研究所)

「フランス農政にみる環境問題の定着」

柏 雅之(茨城大学農学部)

「イギリス農村開発政策の展開と地域経営」


2002年度秋季大会(2002年11月16日/東京大学農学部)

大会

テーマ 「中山間地域の再建と直接支払い」

座長 小田切徳美(東京大学農学部)

報告

渡部岳陽(東北大学大学院農学研究科)

「中山間地域問題の現局面と直接支払制度の位置づけ-公・共・私の視点から-」

橋口卓也(財団法人農政調査委員会)

「資源管理単位と直接支払制度」

笠松浩樹(島根県中山間地域研究センター)

「集落を出発点とした新たな地域マネージメントの構築-中国地方における直接支払制度の導入を事例に-」


2002年度春季大会(2002年3月29日/茨城大学農学部)

大会

テーマ 「生産組織の多様な展開と地域農業」

座長 安藤光義(茨城大学農学部)

報告

中村勝則(秋田県立大学生物資源科学部)

「1990年代以降における東北・庄内地域の大規模層の動向と組織化」

吉岡 徹(大阪府立大学農学部研究生)

「兼業農家の組織的対応と集落の役割-滋賀県集落営農の事例-」

井上誠司(社団法人北海道地域農業研究所)

「上層農形成の停滞と地域農業の新たな展開-北海道における組織的取り組みを事例として-」


2001年度秋季大会(2001年11月17日/東京大学農学部)

大会

テーマ 「2000年センサスにみる農業構造の展望」

座長 長浜 健一郎(農政調査委員会) 小野 智昭(農林水産政策研究所)

報告

橋詰 登(農林水産政策研究所)

「農家構成の変化と土地利用の現状と動向-90年代後半における農業構造変化の特徴と趨勢による2020年の予測-」

江川 章(農林水産政策研究所)

「家族経営構成と地域農業」

鈴村源太郎(農林水産政策研究所)

「土地利用型農業における農家以外の農業事業体の新展開-水田農業における非企業的経営の分析を中心に-」


2001年度春季大会(2001年3月30日/愛媛大学農学部)

大会

テーマ 「農業構造問題の現段階-2000年センサス速報値をふまえて-」

座長 田畑 保(明治大学農学部) 酒井 富夫(富山大学経済学部)

報告

井上裕之(九州農業試験場)

「農地の地域的管理の今日的課題」

細山隆夫(北陸農業試験場)

「大規模借地経営の現段階-北陸・新潟県を中心として-」

矢口芳生(東京農工大学農学部)

「兼業農家・土地持ち非農家の二面的性格-愛知県大都市近郊地域の事例から-」